レンタルサーバー比較 > レンタルサーバーとプロバイダーの違い


レンタルサーバーとプロバイダー

ほとんどのプロバイダーでは、契約者向けに無料ホームページサービスが提供されています
つまりホームページ運営を無料で出来るという事です
レンタルサーバーと同じ役目を果たしていますが、違いはどこにあるのでしょうか

無料でホームページ運営が出来るので一見お得に感じます
しかし欠点も把握しておかなければいけません

1つ目は解約がしにくくなる点です
プロバイダーのホームページスペースなので、URLもプロバイダー独自のドメインになっています
そのため、もしプロバイダーを解約した場合はホームページが削除されてURLは使えなくなります
そうなるとせっかくのSEO対策も無駄になり、0からのスタートです
結果的にプロバイダーの変更がしにくくなってしまいます

2つ目はサービスに制限がある点です
具体的にはCGIが使えない場合があったり、ディスク容量が少ないという制限です
不満が出てからレンタルサーバーに移行しても、先述のようにSEO対策は0からのスタートです
つまりSEO的には、独自ドメイン取得してレンタルサーバーを利用するのが望ましいという事です
プロバイダーの無料HPサービスは、気軽に運営する趣味のHPなどが向いています
それ以外のサイト運営はレンタルサーバーの利用がおすすめです

レンタルサーバー選びは当サイトのサイドメニューから最適なものを見つけてください
「タイプ別」と「条件別」におすすめを紹介しています

NEXT → ドメイン取得比較

BACK ← レンタルサーバーの選び方